耐震のための壁について

耐震のための壁

 

住居の耐震について考える時、主な場所で壁が挙げられます。耐震壁という言葉がありま
すが、これは地震対策として、壁を鉄筋コンクリートを施す造りのことで、さまざまな種
類があります。

例えば、筋交いを金物を使って設置したり、構造用合板等を壁につけたりします。耐震の
ために、強い柱をつけることも考えられますが、耐震壁は、柱よりも地震にとても強いと
考えられています。

ただし、耐震壁を取り付ける場合、配置やバランスをよく考えないと、せっかく耐震とい
う目的で設置したのにも関わらず、結局耐震性を損なうようなこにもなりかねません。建
物の重心、骨組、縦横の方向バランス等の関係をよく理解して、取り付けることになりま
す。

耐震壁が正確に取り付けられていると、地震の振動にもしっかり対応するばかりでなく、
断熱効果や防音効果も期待できるほどです。また、大きな家では、その分面積も大きくな
りますので、結局耐震壁は、たくさん必要となります。

特に、重い建物に関しては、耐震壁をより多く使用することになるでしょう。ただし、耐
震壁と併用して、太い柱や梁を利用することで、耐震壁を設置する個数を減らすことは
できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です