顧客志向のマーケティング手法の第一歩、店頭調査

顧客志向のマーケティング手法の第一歩、店頭調査とは、顧客と商品の接点である店頭において行われるの調査である。

その手法は、店内における来客の購買行動を実際の調査員が目視、あるいはカメラを活用し調べる調査から、店舗出口で調査員がヒアリングし、なぜそのブランドの商品を選択したのか調べる購買動機調査がある。

また、店頭調査は、店内の広告やPOPなど広告の効果測定の目的にも利用される。

調査主体が商品のメーカである場合と、フランチャイズ店の運営本部など店舗側である場合、その調査項目も違いが出てくる。調査主体が商品メーカの場合、来客対象の調査のほか、自社商品の店頭配荷率、店頭価格、商品の棚割り、また、売り場のPOPの活用実態など調査し把握することができる。

また、店舗主体の調査の場合、来店客がどの売り場をどれくらい回ったか、店内の滞在時間はどの程度か、立ち寄る売り場と実際に購入した商品の違い、何も買わずに退店してしまう客数など、店舗運営の改善施策の立案に必要な情報を得ることができる。

また、昨今はインターネットを利用した購買行動も多いことから、ネット利用によるデータ分析も重要なマーケティングファクターになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です